花蓮旅遊飯店, 花蓮住宿客房, 花蓮旅遊 花蓮旅遊飯店, 花蓮住宿客房, 花蓮旅遊 花蓮旅遊飯店, 花蓮住宿客房, 花蓮旅遊

歴史

立霧渓は「シルクロード」文化の融合する所
立霧(タッキリ)渓は聳え立つ中央山脈の奇萊山に源を発する渓流です。その豊かな水は絶えることなく流れ続け、岩を穿って、タロコ峡谷の勇壮で複雑な景観を造り出しました。タッキリ渓の流れは、かつて異なる東西の文化を紡いだシルクロードのように続いています。ホテル「シルクスプレイス・タロコ」はまさにこの歴史と異文化の交わる地タロコに位置します。

「行館」の置かれた地で体験する尊厳と栄誉
1958年、蒋経国(蒋介石長男)氏は、「天祥風景区」建設準備のための座談会を開き、上海儲蓄商業銀行系列の中国旅行社に、天祥山麓に「天祥招待所」を建設し観光事業を進めることを働きかけました。こうして、「天祥招待所」は1961年に落成し運営が開始され、「勵志社」にその管理を委ねたのです。「勵志社」の前身は「黄埔同学会勵志社」で、 その社長を兼ねる蒋中正氏によって創設されました。全国に支所が設置され、蒋中正氏が巡視、静養する際の宿泊所とされました1964年、蒋中正氏は天祥招待所に宿泊しています。1966~1967年蒋経国氏が韓国の丁一権首相や日本の岸信介首相を招待した後、天祥招待所は蒋介石氏親子の中部橫断道路建設時期におけるVIPの接待宿泊所となりました。1991年、フォルモサグループの投資により、元の天祥招待所の場所に国際レベルの観光ホテル「グランド フォルモサ タロコ」が建設されました。そして、台湾国内外の観光客はもちろん、各国の元首や使節が太魯閣国家公園を訪れた際の指定ホテルとなりました。

2009年、グランド フォルモサ タロコは「シルクスプレイス・タロコ」と名前を変え、フォルモサグループのオリジナルブランド「シルクスホテル」としてオープンしました。VIPをお迎えするサービス精神を受け継ぎ、外観や設備をさらにグレードアップさせ、最高のおもてなしでお客様をお迎えします。